女医

大腸癌の転移しやすい臓器とその症状について

がんの確率

男女

胃がんが発症する確率や割合を知る

胃がんという病気を診断される方は、年々減ってきています。しかし、発症する割合として男性では一番多いがんとされています。また女性では様々ながんの種類では三番目になっています。胃がんが減っていると言ってもこのように実際は大きな病として残っているのです。さらに生涯の内、胃がんになったことのある患者の割合を調べると男性では62パーセントで、女子では46パーセントとされているようです。この結果でわかることとしては約2人に1人が胃がんになっているということです。胃がんの発症率は他のがんよりも高く、それだけのリスクを多くの方が背負っていることになるでしょう。もし胃がんのリスクを出来る限り抑えたいと思うのであればまず食生活と生活リズムを整えるべきです。

がんの発症を少しでも減らすための方法

胃がんは主に胃を三分割した時に、真ん中と下あたりに発症することが多いです。しかし、がん細胞自体はどこにでもできる可能性があるので、必ずしも真ん中や下と限定される訳ではありません。また先程、食生活と生活リズムを改善させる必要があると記述しましたがその理由としては、がん細胞自体の発生が乱れた食生活や生活リズムに影響されることが考えられているからです。やはり、偏った食事をし続けると肥満になったり、栄養失調になりかねるので健全な細胞が変化してがんになることもあります。どんなに健康管理をしっかりしていてもがんは突然起きてしまうことがありますが、少しでも発症の確率を抑えるように努力することは決して無駄ではないといえるでしょう。