女医

大腸癌の転移しやすい臓器とその症状について

下肢静脈瘤の治療法

脚

下肢静脈瘤の治療法は数種類ある

下肢静脈瘤の治療はいくつか用意されており、下肢静脈瘤を患っている患者に選んでもらうようになっています。しかし、患者の下肢静脈瘤の状態によっては選んだ治療が最適ではないと判断されるケースがあるので、その場合にはしっかりと医者の判断に従いましょう。下肢静脈瘤の治療は特別なストッキングで圧迫する圧迫法というものと働かなくなってしまった静脈や弁を人工的に硬化させ、それを潰し自然消滅させる硬化治療があります。

圧迫して血液の流れを改善させる圧迫法

圧迫法で使用されるストッキングや圧迫包帯は、圧迫する強度がいくつかの段階に別れていることがあります。これは、下肢静脈瘤以外の血管に負担をかけないようにするためです。また、この治療では弁に貯まった血液を本来の流れに戻すために使用される方法になっています。そのため、下肢静脈瘤ができ始めた段階に用いることで効果を発揮します。

静脈自体を硬化させ取り除く硬化治療

下肢静脈瘤が出来て、何年か経ってしまうとその静脈自体が機能しなくなります。このような状態で圧迫法を行っても効果がなく、逆に症状を悪化させることもありえるため働かなくなった静脈や弁を失くす手段を取ります。硬化治療と呼ばれる方法では機能していない静脈内に硬化剤を投入し、中に貯まった血液を固めるという方法になります。さらに硬化剤によって固まった血液を潰して体内に吸収させることにより、下肢静脈瘤を取り除くという内容です。硬化治療では長年放っておいた下肢静脈瘤も綺麗に取り除くことができることから様々な方に選ばれている治療になります。どちらの治療がいいか医師と相談して決めましょう。